水商売のメリットとデメリット

地元型のキャバクラに体入応募した

お金がよくて時間短くて、とそんなわがまま聞いてくれるバイト先探してました。それで見つけたのがキャバクラの求人でした。これならわがまま聞いてくれそう、とまず思いました。それからはキャバクラの求人のみに絞って、働きたいお店を選ぶことにしました。大型店であったり有名店であったりいろんなところの求人見つけましたが、未経験のせいか不安感はありました。一応待遇はいいようなんで条件は悪くないものの、経験ないと足引っ張りそう、なんてことを気にしたからです。それで選んだのがそれほど大きくない地元のお客さん相手にしているようなお店でした。自分が住んでいるところとは少し離れているんで、知り合いに遭うこともないだろうと考えてのことです。運良く体入何度でも可能という求人見つけたんで、それに応募しました。何回か試して見極めた上で、入店を決めたかったからです。大型店よりは少し時給安かったけど、それでも他のバイトよりは全然お金いいですから気になりませんでした。とりあえず体入してみて、そのまま続けられそうだったんで本入店しました。